名刺や封筒の同時製作

ロゴを作る場合、最も多い作成依頼は企業ロゴの作成と言って良いでしょう。ロゴを作る場合にロゴ作成会社に通常依頼をしますが、もちろんロゴの作成依頼をしますのでロゴだけをひとまず作成すれば良いのですが、企業ロゴなどの場合には作成後、ほとんどで名刺や自社の封筒を印刷会社にお願いすることになります。現在のロゴ作成会社では、ロゴを作成するだけではなく、このような名刺や封筒といった印刷物も同時に製作してくれる会社も多く、既に名刺や封筒を作ることが決まっているのであれば、同時進行で依頼をした方が良いと言えるでしょう。

名刺まずメリットとしては、ロゴ作成会社と印刷業者を使い分けることでそれぞれの業者探しやイメージを伝える時間が2倍かかってしまいます。ロゴ作成会社に同時依頼することでこのような時間の効率化を図ることができますので、非常にメリットが大きいです。また、業者によって異なりますが、ロゴ作成を依頼するだけで名刺が無料で作れたり、封筒が無料で作れたりといったサービスを行っているロゴ作成会社も存在しています。もちろん、デザインや仕上がりなどをこだわるということであれば、その分費用はかかってきますが、前述した通り、時間の効率化は業者を一本化することによって生まれるメリットになってきますので、印刷物を同時に進める場合にはそのような業務も対応しているロゴ作成会社を選ばれると良いでしょう。

デザイナーとのコミュニケーション

対談ロゴを作成する場合にロゴ作成会社に作成依頼をしますが、その時にポイントとなるのが、担当してくれるデザイナーの方といかにコミュニケーションを取ることができるのか?というところです。何事もそうですが、相手とコミュニケーションを取らずに遂行することはとても難しく、たとえ遂行できたとしても意志疎通が取れていないので相違が出やすいということが生じてきます。従って、ロゴ作成時にもこのコミュニケーションは絶対に必要です。デザイナーの中にも能力が高いデザイナーと能力が低いデザイナーがいます。能力が高いデザイナーであれば、自ら様々な提案やヒアリングを行ってくれますが、逆の場合はただ作るだけといったデザイナーになってしまいますので、こちら側からの要望や不明点などは全て質問をして、密なコミュニケーションを取るようにして下さい。

そして、これはロゴ会社を選ぶという観点ではありませんが、ロゴは一度作ってしまうと簡単に変えることはできません。従って、長期的な運用を考えてロゴ作成会社を選ぶと共に一社だけではなく、複数のロゴ作成会社に依頼をすることで、比較検討することもできますので、このような点も頭の中に入れてロゴ作成を進めるようにして下さい。

ロゴ作成依頼のポイント

男の人ロゴの作成会社を選ぶ際には、様々な観点からロゴ作成会社にこちら側の要望を伝えることが良いロゴを作るポイントと言えるでしょう。そのポイントの中でもロゴをどのような人に向けて見てもらいたいのか?というところはポイントになってきます。つまり、どんなターゲット層を設定しているのかをロゴ作成会社に伝えることによって、より求めているカラーリングやイメージに合致しやすいものなのです。抽象的な言葉で伝えるよりも具体的に説明した方が、ロゴ作成もスムーズに進むものですから、ロゴ作成会社との打ち合わせ前に、ターゲット層を決めておくと良いでしょう。一番やっていけないことは、何も伝えずにロゴ作成会社に丸投げしてしまうことです。このような場合は、お互いにとって最終的に良いロゴが作られる可能性が低くなってしまいますので、注意しましょう。

そして、次のポイントとしてはどのようなロゴを作るのか?というところです。ロゴの中にもシンボルマークとロゴタイプと呼ばれるロゴがあります。シンボルマークは図形だけを用いて作成するロゴで、ロゴタイプは文字をロゴ化したロゴタイプです。どちらが良いとは言えませんが、予めロゴタイプを知っておくことで、作成会社を選ぶ際にはこのような点も大事になってきますので覚えておきましょう。

ロゴ作成会社に依頼するポイント

会社のロゴなど至る所で色々なロゴを目にすることがありますが、このロゴとは一体どのように作るのでしょうか?基本的には、ロゴ作成会社に依頼して作っていただくのがロゴ作成をする際の一般的な流れでしょう。それではこのロゴ作成を専門業者に依頼する場合にまずどのような点を相手に伝えれば良いのでしょうか?今回はロゴ作成会社にロゴ作成を依頼する際のポイントについてみなさんにご紹介させていただきます。

イメージを考えるまず、みなさんに質問ですが、良いロゴを作る場合に最も重要なこととは何でしょうか?それは何の為にロゴを作成するのか?という作成目的を明確化にすることです。単純に考えれば分かることではありますが、ロゴ作成会社にロゴ作成を依頼する場合、デザイナーが依頼者のロゴを作成します。デザイナー側からすると依頼者のロゴを作成する際にどのような目的でロゴを作るのか?ということが明確化していないと軸がぶれてしまい、最終的に良いロゴが作れません。このロゴを作る目的が曖昧のまま作成を進めてしまうと、最終的にイメージしているロゴと相違が生じてきてしまい、完璧なロゴが作ることができません。そして、何度も何度も修正を加える形になりますので、手間だけではなく、場合によっては費用も上乗せされてくる場合が出てきます。ロゴを作ると決めた場合、そのロゴの作成目的を事前に明確化し、もし出来れば既にある企業のロゴなどをデザイナーに提示することでイメージがしやすくなると思いますので、これからロゴを作成する場合には以上のポイントを押さえておくと良いでしょう。